楽天証券 MARKETSPPED FX マーケットスピードFX で音声アラート(レンジ音声モニター)を出す方法

スポンサーリンク

楽天証券 MARKETSPPED FX マーケットスピードFX で音声アラート
(レンジ音声モニター)を出す方法

楽天証券 MARKETSPPED FX マーケットスピードFX で音声アラートを出す方法
について解説させて頂きます。

まず、マーケットスピードFXを起動します。

【設定】タブにある【チャート】をクリックします。

MS1-600x278 楽天証券 MARKETSPPED FX マーケットスピードFX で音声アラート(レンジ音声モニター)を出す方法

チャート設定の画面がポップアップします。
左下の【デフォルト設定】の【基本設定】の中の【レンジ音声モニター】を選択します。

MS1-600x278 楽天証券 MARKETSPPED FX マーケットスピードFX で音声アラート(レンジ音声モニター)を出す方法

【レンジ音声モニター】の設定値をセットします。

・初回通知(現在値からのpips) 今回の設定例では100pips  10銭です。
・再通知(現在値からのpips) 今回の設定例では50pips  5銭です。

初回通知
設定した時点の為替レート現在値から上に100pips(10銭)と下に100pips(10銭)です。
必ず上下のセットとなります。

再通知
上の10銭にタッチして音声アラートが発令した場合は、上に50pips(50銭)分
設定値がシフトします。
または、
下の10銭にタッチして音声アラートが発令した場合は、下に50pips(50銭)分
設定値がシフトします。

数値がセットできれば、【適用】をクリックしてから【OK】をクリックします。

スポンサーリンク

まだ終わりではありません。
次は

チャート画面上でマウスの右クリックし、メニューを表示させます。

MS1-600x278 楽天証券 MARKETSPPED FX マーケットスピードFX で音声アラート(レンジ音声モニター)を出す方法

【表示】の中の【レンジ音声モニター】を選択しにチェックマークを入れます。

キーボードの【ESC】ボタンを押してメニューを終了します。

これで設定完了です。

為替レート現在値を挟んで2本の線が出ました。
この線に現在値がタッチしたら、音声アラートが発令します。

MS1-600x278 楽天証券 MARKETSPPED FX マーケットスピードFX で音声アラート(レンジ音声モニター)を出す方法

初回通知
設定した時点の為替レート現在値から上に100pips(10銭)と下に100pips(10銭)です。
必ず上下のセットとなります。

上の(10銭)ラインにタッチすると『ヒューン・ヒューン・ヒューン』と3回音声アラート
がでます。

下の(10銭)ラインにタッチすると『ヒューン・ヒューン』と2回短く音声アラートが出ます

再通知
上の10銭にタッチして音声アラートが発令した場合は、上に50pips(50銭)分
設定値がシフトします。
または、
下の10銭にタッチして音声アラートが発令した場合は、下に50pips(50銭)分
設定値がシフトします。

これで楽天証券 MARKETSPPED FX マーケットスピードFX で音声アラート
【レンジ音声モニター】を出す方法についての解説を終了させて頂きます。

スポンサーリンク

トップページに戻る

当記事は、2019年8月15日時点の情報です。ご自身の責任の元、安全性、有用性を考慮頂き、ご利用頂きます様お願い致します。

当サイトに掲載中の画像は当サイトで撮影又は作成したものです。商用目的での無断利用はご遠慮願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする